インテリア雑貨

パキスタン人職人パキスタンと中国のウイグル自治区は密接しており、そのため パキスタンの銅製品や木製品は早くから中国の西域に伝わりました。パキスタン銅彫刻手工芸品はパキスタンの工芸品の中で最も 代表的なもので、数百年の歴史があり、最初は主に石に彫刻していましたが、後に胴の表面に彫刻するように発展させていきました。パキスタン銅彫刻は完成された花瓶、壷、皿および各種動物像に美しい柄を彫刻してきます。 大量生産は難しく、一つ一つ手で彫りこみ、磨き、仕上げをし、一つ一つ職人による繊細な作業と匠の創意をこめます。 製作は15の工程に分けられ千以上の品種があります。金属は彫刻の必要性に基づき60%の銅とその他の金属40%を合わせた合金が使われます。
パキスタン銅器 画像主に各家庭の工房で製造され、技術は父から子に受け継がれていきます。五、六才から見習いをはじめ、大体15,16才で技が熟練したころに 独立し、生涯銅彫刻の仕事に従事します。 模様はまずメインとなるラインを彫りそれから細かな模様を規則正しく配列してゆき、塗料などで彩色されます。 エレガントなデザインは部屋の装飾品として、また親しい友人への贈り物としてもgoodです。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

124商品中 61〜72商品