ウイグルナイフの製造工程

400年の歴史を持つウイグルナイフ(インギサルナイフ)の製造工程を紹介します。

1
ナイフ製造開始

材料のベアリング鋼【軸受鋼】を火にくべる。


2

刀身の鍛錬

鋼を叩いて鍛えていきます。


3

触媒の添付

柄と刀身は別の素材を使い、互いを溶接します。柄は鉄。刀身は鉄に鋼を挟んだで打った物を使用。


4

柄と刃の溶接

刀身と柄を接合


5

刃の鍛錬

刀身を叩いて鍛えていきます。刀の良し悪しはこれで決まります。


6

融合完成

刀身と柄の融合が完成。


7

刀身に模様を打つ

刀身に模様を打ち込んでいきます。


8

刀身に模様

模様を打っていきます。一般的にウイグル人の好むバダムの花の模様が描かれます。


9

真鍮板
真鍮板を切る。


10

触媒

触媒を表面に塗り、真鍮を流し込みやすくします。


11

真鍮を溶かす

真鍮を溶かし、刀身に打った模様に流し込みます。
その後表面を磨きます。こうすることによって刀身の模様は以後消えることがありません。


12

焼きいれ

刀身に焼きを入れます。最も重要な工程です。


13

メインの完成

ナイフのメインの部分が完成しました。


14

溝彫りその他の刀身の製造方法として、刀身に模様は入れず、溝を彫るものもあります。


15

柄の製作

柄の製作を開始。


16

模様を彫る

柄に模様を彫刻していきます。


17

かしめ

柄に細やかな彫りを入れ磨き上げます。


18

貝殻の象嵌

美しい貝殻の象嵌が入った柄。


19

完成品

写真のナイフは純銀、貝殻の象嵌によって装飾された、伝統の鳥頭型ナイフです。
ナイフの優劣は主に刀身の刃の鋭利さ、及び柄の装飾の精巧さです。
一般的に普通のウイグルナイフの製作時間は約7時間、精巧な高級ウイグルナイフの製作の場合は熟練の職人が3日かけて製作します。

20

店頭へ

完成したナイフは店頭に並びます。

ウイグル族の男性はみんな1本お気に入りのウイグルナイフを持っています。羊の焼き肉を切り分けるときに使用したり、女性から男性への贈り物にもにもなります。


 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
kanki
中央アジアの雑貨販売店『シルクロードキャラバン』へお越しいただき、ありがとうございます。
店長のKankiです。
中央アジアの砂漠地帯や草原地帯の国々、ウイグル自治区やウズベキスタン、パキスタンなどユーラシア大陸内地の国々のめずらしい雑貨や民藝品をお届けします。
ほとんどの商品が工場で作られた量産品などではなく、ハンドメイドの伝統工芸品で、世界に二つとない1点物も多数あつかっています。
伝統の古典的手法で作られた温かみのある商品、オアシス都市や草原の遊牧民の間で生まれた鮮やかで芸術的なデザインの商品をご紹介いたします。


店舗情報:


住所:神戸市中央区元町高架通2番199号
営業時間:平日 13:00ー20:00
土曜日 12:00ー20:00 日祝日 11:00ー20:00
休日:不定休(買い付け等でいないときはインスタグラムやHPでお知らせいたします。)
店長日記
民芸品 ネットショップランキング